BIGLOBE SIMは混雑する時間帯は通信速度が遅くなるの?

By / In DMMモバイルへのMNP / 0 Comments

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMでは、docomoと同じ375Mbpsのスピードを利用としたサービスを行なっています。通信スピードに関しては、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、何よりもBIGLOBE SIMを使うメリットですよね。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

BIGLOBE SIMの72時間制限

MVNOすべてで共通ですが、利用者が公平に利用できるよう、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしていました。直近72時間のデータ通信に使用した容量に応じて、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、データ通信速度を遅くされてしまいましたが、嬉しいことに、この72時間制限が撤廃されました!BIGLOBE SIMの格安スマホでは、ビデオ通話で長電話したあとでも、72時間制限を憂慮する必要はなくなった事により、かなり使いやすくなりました!

BIGLOBE SIMの料金について

BIGLOBE LTEの月額料金やオプション料金について説明します。月々のスマホ使用料金と比較して、どれだけ通信費が抑えられるか参考にしてみてください。では、BIGLOBE LTEの料金プランを見ていきましょう。

BIGLOBE LTE料金プラン・初期費用

BIGLOBE LTEの月額プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので普通の携帯電話としても使いたいときには、必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データSIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランでは低速通信のみが使い放題になっているプランで、それ以外にLTEの262.5Mbpsの高速回線が使えるプランがあります。初期費用は一律3,240円のみで、あとは、端末代ですね。

BIGLOBE LTEの違約金

BIGLOBE SIMの解約縛りと違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として8,000円を支払わなければなりません。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

BIGLOBE SIMのユニークポイント

BIGLOBE SIMは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。キャリア3社からの乗り換えなら、月々のスマホ代を安く抑えることができ、大変お得です。なんといっても毎月の代金が900円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。信頼の高いドコモ回線を使っているBIGLOBE LTEは、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。BIGLOBE LTEの魅力的なところは、エンタメフリーという独特のサービスがあることです。それはYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV等の動画や音楽をデータ通信量の制限なくお楽しみいただけるサービスなんです。これからBIGLOBE SIMへのMNPを検討中の方の為に、BIGLOBE SIMのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。お楽しみ頂ければと思います。

docomo回線の格安SIM・格安スマホ

ご存知ですか、格安スマートフォンで有名なBIGLOBE LTEは、ドコモの回線を使用しています。そのため、通話品質もドコモと変わらず、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。しかもドコモのスマホならだいたいの機種でそのままBIGLOBE LTEが使えてしまうんです。また、端末はドコモから買わなくてはならない訳ではなく、BIGLOBE LTEからSIMフリースマホセットで購入することもできます。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、また新たにスマホを購入しなくていいのです。格安で安心して回線を利用したいのならば、NTTドコモの回線を利用したBIGLOBE LTEは検討する価値があるサービスです。

格安スマホがよりどりみどり

ご利用になっているスマートフォンが、BIGLOBE LTEに対応していない本体の場合は、スマートフォンを新しく購入することになります。BIGLOBE LTEでセット販売されている端末は、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。タブレットも多く取り扱っているため、スマホでは小さい、、、!という人にもオススメです。

高速通信容量の繰越し

データの通信量の上限は、各プランによって差異がありますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。しかし、こういった場合でもBIGLOBE LTEであれば、余った分のデータ容量を、次の月に繰り越すことができます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、翌月に繰り越せるBIGLOBE LTEはおすすめのMVNOです。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

電話代がオトクな、BIGLOBEでんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それはBIGLOBEでんわです。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、発信者番号を電話の相手に通知することが可能です。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。そのため通話相手からは、大手携帯キャリアを利用している時と違いを感じることはありません。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分かけ放題とは?

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。月々の料金が安く抑えられるのがMVNOの魅力なのですが、通話回数が多いので、結局高くつくのではと心配な方もいるかもしれません。しかし安心してください。BIGLOBE LTEの新サービス、月額650円で、1回3分の通話が回数制限なく無料になるという「3分かけ放題」が登場です。詳細としましては、今まで通りの電話回線を使うので、BIGLOBEでんわなんら変わらず、かけた人の電話番号通知することもできるので、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。BIGLOBEでんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、毎日2分は電話する人にはお勧めのですね。

無料通話がお得!「通話パック60」

BIGLOBE SIMには、月額650円で3分かけ放題と同じ料金で別に、「通話パック60」という名のオプションメニューを選ぶことができます。このオプションの使用料は月額650円ですが、なんと付いてくる無料通話は、1,200円分もあります!!3分以内の通話でほとんどよいという人には、「3分かけ放題」がかなりおすすめですけど、たまにちょっと長電話しちゃう!という人には、「通話パック60」にするとよりいいでしょうね?スマホにはいろいろなサービスがありますが、自分にピッタリの通話オプションが必ず見つかるので、いろいろと調べた上で検討してみてくださいね。

到着月は料金が無料に!

格安SIMの契約をBIGLOBE LTEで結ぶと、初月の月額料金が無料になります。使用開始月というのは、SIMカードなど、BIGLOBE LTEで契約したものを受け取った日の月のことです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。契約時期は現在利用中のものからの乗り換えや手数料も関わってくるので、どなたも月初まで待つのがお得であるとは限りません。

今月開催中のキャンペーン