実際どうなの?格安スマホの楽天モバイルの評判や速度など調べてみた

By / In 楽天モバイルへのMNP / 0 Comments

楽天モバイルの通信スピードについて

楽天モバイルは、docomoと同じ225Mbpsのスピードを利用としたサービスを行なっています。スピードに関しては、通信速度はドコモと変わらないので、それほど不自由なく使えて安心です。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルの魅力的なメリットのひとつです。MVNO・格安スマートフォンのようなサービスは今後さらに広がっていきそうです。

楽天モバイルの通信制限

楽天モバイルの場合、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、速度制限がかけられていましたが、3日制限が撤廃されたのです!要するに、楽天モバイルの格安SIMでは、長時間のビデオ通話をしてしまった後でも、72時間制限の心配をする必要はありませんので、今までよりよっぽど使いやすい!

楽天格安スマホの気になるポイント

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。キャリアからの乗り換えなら、月々のスマホ代をかなり抑える事ができるお得なサービスです。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。という背景から、楽天モバイルのすべてを網羅したつもりです。楽しく読んで下さいね♪

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

楽天モバイルが利用している通信回線はdocomoと同じ回線を利用しています。だから通信の速度など品質面ではドコモと変わることなく、通話可能なエリアもdocomoと同じなので、ほとんどの場所で問題なく電話がつながります。ドコモのスマホならほとんどの機種がそのまま使えます。もちろん新しい機種にしたいとか、楽天モバイル用になっていない機種だったとしても端末ごと楽天モバイルから買うこともできます。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。楽天モバイルは、安心して使えるdocomoの回線が今までよりも安く使える、格安スマートフォン・格安SIMのサービスと言えます。

セットのSIMフリースマホが豊富

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイルのセット販売端末は、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。唯一の弱点を挙げるとすれば、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。もし楽天カードを作っていないのであれば、端末の購入代金は一括で支払うしかありません。とはいえスマホの種類の豊富さは群を抜いておりそこが楽天スマホの大きな魅力とも言えるでしょう。

データ通信量の繰越し

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、使用したデータ通信量などが少なかった月には、残ってしまう月もあるでしょう。楽天モバイルの場合は、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。利用しきれなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができないMVNOもあるため、翌月繰り越しができるということは、大変魅力的です。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

通話代が半額で済む、楽天でんわ

楽天が提供している「楽天でんわ」には、通話料が半額になるサービスがあるのです。相手の番号にプレフィックスと呼ばれる特定の番号を付け足して電話をかけるものでIP電話と違い、発信者の番号が相手へと通知されます。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。ですので、電話に関して何の違和感もありません。大抵のIP電話では、非通知表示であったり、050から始まる番号が表示されたりしますので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。また、楽天でんわでかかる通話料も楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!キャリアと同じような、カケ放題も開始となりました。

5分通話し放題

国内の大手であるキャリア3社は、かけ放題の料金コースがありますが、残念ながらまだ、たいていのMVNOはこのプラン設定の導入に二の足を踏んでいるようです。大手携帯キャリアと比較して月額料金が安いことがMVNOのメリットですが、その一方で通話料金が割高なのではといった心配の声に応えるように、新たなサービスが開始されました。楽天モバイルが提供を開始した新サービスにおいて、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるサービスが、なんと月々850円で登場しました。このオプションは、通常の回線と同じく電話回線を使うため、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。NifMoの通話し放題サービスだと、発信者番号通知できない事が多いようです。楽天でんわをご利用ならば、通話料金は1分間約22円ですので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

到着した月は無料なのも嬉しい

契約時に何らかの特典があると嬉しいものですが、楽天モバイルではSIMの契約時に、初めの1カ月については料金が発生しません。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。SIMの入手日によっては、料金がほぼ一か月無料になることもあれば、ほんの数日だけしか無料にならないこともあります。しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、一概に月初まで待つのがおトクとは言い切れません。よく計算してみてくださいね。

楽天モバイル料金プランについて

楽天モバイルの月額料金やオプション料金について説明します。毎月の携帯代と比べて、全体で料金がいかに安くできるのか、対比させると乗り換え時の参考になります。これから、楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

月額プラン

楽天モバイルの料金プランは、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。データ通信専用SIMと違い、音声通話付きSIMは、070/080/090番号を使用することができます。以前の携帯電話番号を利用したい時には、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データSIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランは、低速通信使い放題が使用できるプランで、ベーシックプラン以外のプランは、LTEというドコモの262.5Mbpsの高速回線が使えるものです。楽天モバイルの初期費用はわずか3,240円。後は端末を新規に購入したい場合の代金だけとなります。

楽天モバイルの解約制限について

楽天モバイルの違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金が9800円も発生してしまうのです。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、13ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

【今月開催中】キャンペーン